banner

設立日について

会社設立の方法と設立日について

何らかの事業を行う会社を作ることを会社設立と言います。この手続きは会社を作ろうとする地域を所轄する法務局に必要となる書類を作成して申し込むことで完了します。この手続きを設立登記と言い、法務局が管理している登記簿に会社の情報を載せるための作業のことを会社設立をすると呼ぶのです。

建物を建てたり看板を設置したりする目に見える作業の方が会社設立としては分かりやすい転機であると言えなくもありませんが、現実的には法務局に登記されたその日のことを設立日とするのが会社設立の約束事であると言えます。

初めて会社設立を行う場合、その設立日には特別な意味を持たせようとする経営者は少なくありません。誕生日等の記念日に合わせたりする場合にはその日に確実に受理してもらえるように準備しておく必要があります。設立しようとする法人の形によっても異なりますが、設立日にこだわりがある場合には事前に綿密な準備をして間に合わせるようにしなくてはなりません。

確実なのは行政書士等の経験豊富な専門家に委託して会社設立の手続きを確実に進める方法などが考えられますが、十分な時間がある場合には呼び知識のない個人でも手続きを行うことは不可能ではありません。マニュアル的に処理して行くことも可能な仕組みになっていますので、時間をかけて調べながら対応をすれば個人での対応も不可能ではありません。

しかしながら真剣に企業を考えているのであればその様な時間は事業のために費やすのがよいと言えるでしょう。専門家の力を借りれば少ない労力で確実に仕事を進めることが出来るのです。その様な手段を活用しない手はないでしょう。

法務局に届出る必要のある書類関連はどのような設立登記を行いたいかによって変わってくるものであると言えますが、どのような法人を設立する場合にも必要であり、なおかつ最も重要であると考えられる書類としては定款が挙げられます。定款はその団体の概要がまとめられた書類のことであり、法人の名称や所在地、事業目的等の基本情報から様々な取り決めなどの内容が網羅される書類です。

この様な書類はどのような法人でも必要なものであるとされていますし、設立する法人の種類によっては内容を公証役場に持ち込んで認証を得ておく必要がある場合もあるのです。内容が適正でなければ認証を得ることが出来ませんし、公証役場にげんぽんが保存されますので目的を自由に変更することもできなくなりますが、この様な仕組みが会社設立には必要なのです。

Copyright(c) 2016 会社設立に関する様々なサポートについてAll Rights Reserved.