banner

スケジュール作り

会社設立のためのスケジュール作りについて

何らかの事業を行っている、または行おうとしている団体が会社設立を行うというのは珍しいことではありません。会社設立を行うことによって得ることの出来るメリットは非常に幅広く、何らかのきっかけがあれば会社設立をしようと考えている団体は少なくありません。主な手続きとしては書類作成がありますが、必要となる書類一式を揃えて会社設立を行おうと考えている地区を所轄する法務局に届出をし、登記簿に設立登記を行うということが会社を設立するということを意味します。

この様な手続きにはある程度の期間が必要になりますので、どのような形で会社設立をするのかということも含めてスケジュールを立てて準備を行う必要があると言えるでしょう。

例えば作る会社が合同会社であれば手続きは比較的シンプルであると言えるでしょう。定款は非常に柔軟に作ることが出来ますし、公証役場での認証も必要ありません。そのため比較的簡単であると言えます。一方で株式会社の場合には規則に沿った形式で定款を作成して公証役場において公証人に認証してもらった定款を予め準備して法務局に届出なければなりません。

その様な仕組みであるため、それなりにしっかりとした準備が必要になりますし、スケジュールの管理もしっかりとしておく必要があるでしょう。しかしこの様な書類作成に関わる準備等に関しては行政書士等の専門家が代行してくれる仕組みが既に整っています。経験のない素人でも調べながら対応することが出来ますが、経験豊富なプロに任せて勧めて行った方が速やかに完成させることが出来ると言うメリットもあります。また間違いが無く確実であるという点に加え、将来を見据えたアドバイスを受けることもできるのです。

しかし業者を使う場合もスケジュール管理は必要です。書類作成こそすぐにでも行うことが出来ますが、会社設立のためには会社の印鑑を作る必要もあります。その様な会社の印鑑、いわゆる法人印に関しては一朝一夕には作れないものですので十分な時間を確保して準備を行う必要があると言えるでしょう。

会社の印鑑にはある程度決まった形と言うものがありますので何でもよいとは言えません。また会社設立時に新規で作成したものを使用するのが原則です。そうすることにより様々な不正の発生を未然に防ぐことが出来る様になると言えるでしょう。この様な印鑑作成のための時間もスケジュールに組み込んでおく必要があると言えるでしょう。

Copyright(c) 2016 会社設立に関する様々なサポートについてAll Rights Reserved.