banner

個人事業主

個人事業主による会社設立について

現代社会における働き方には様々な種類があります。会社に所属してサラリーマンとして働くのが向いていると感じている人もいますし、自分で事業を興して社長になりたいと願っている人もいるでしょう。または誰かと一緒に仕事をするのではなくフリーで仕事をしていきたいと考える人もいます。いずれの場合も社会の一員として仕事をすることになるのですが、個人として働いて行く道を選択した人の事を個人事業主と呼ぶことがあります。

個人事業主とはサラリーマンとして雇用されている状態にはなく、また企業を自ら作る等の行動も起こしていない場合等が該当します。何らかの技術を持っており、その技術を活かして個人として働いている場合等が個人事業主と呼ばれているものであると言えるでしょう。

この様な働き方は非常に気軽であるというメリットはあるものの、大きな収入が得られるようになってくるとメリットよりもデメリットが目立つようになってきます。例えば個人事業で得られる収入は全て個人の収入とみなされるために課税対象になってしまうという内容等が挙げられます。確定申告などで経費の申告をしなければ入ってくる金額全てに対して課税されてしまうのです。

この様な状態を避けるためには会社設立をして法人格を得るのが一つの回答となります。会社設立をすることで事業収入と自分の収入を分けることが出来る様になるのが最大のメリットであると言えるのです。この様な仕組みには非常に多くのメリットがあるため、個人事業主であってもある程度安定した収入が得られるようになったら会社設立をした方が様々な点で恩恵が受けられるものであると言えるでしょう。

例えば会社設立を行うと個人事業主としての立場の時には認められなかった経費が認められることになります。それは自分自身の取り分であり、個人事業主の時には課税対象であった自分の取り分も、会社設立をすることによって役員報酬と名前を変え、経費として計上することが出来る様になります。

このことは非常に大きなメリットになるという特徴があり、事業規模が大きくなった個人事業主がこぞって会さh設立を検討する様になる理由の一つになっています。また一定期間と言う制限があるものの、会社設立をしてから一定期間は消費税の免除を受けることが出来るという特例を活用して免税措置を受けているケースもあるのです。この様な仕組みを活用して利益を得ることが出来るのが会社設立なのです。

Copyright(c) 2016 会社設立に関する様々なサポートについてAll Rights Reserved.